株じろう退職金200万円投資で生活費稼ぐ

病気で会社を去り退職金200万円を株に投資して生活費4000万円を稼ぎ伝説となれるか。ノンフィクションです。

2019-04-26(金)グリー第3四半期決算は減収減益でゲームが不振

グリーが2019年6月期の第3四半期決算を発表

決算跨ぎで負け続ける投資家

決算跨ぎで負け続ける投資家

本日、銘柄コード3632 グリーの第3四半期決算発表がありまして、前期比で売上高9.2%減、最終益40.3%減と落ち込みました。

2019年6月期の通期予想も開示しまして、連結営業利益が前期比42.9%減の53.8億円になるようです。

GREEのIR情報

あまり業績がよくなさそうでしたので、株じろうは本日、グリーの株を空売りしました。
連休後もグリーの株価を注視します。

本日の相場

本日は平成最後の株式市場でしたが、日経平均は-0.22%と小幅減少でした。
令和改元の祝日もあり10連休でしばらく株取引はお休みですね。

株 売買ポジション

2019年4月26日(金)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月26日(金)引け時点の株売買ポジション

2019年4月26日(金)引け時点の株売買ポジション

■買い
6161 エスティック
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
6262 ペガサスミシン製造 (500株以上 株主優待3月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日) → 買い増し

■売り
8508 Jトラスト → 一部損切決済
3632 グリー → 新規売り
3987 エコモット → 決済買戻し

売り多めのポジションです。

 

株の売買 内容

本日は、昨日買ったエスティックが決算は好調だったけど、寄りで大量の成売りがあり大幅に株価が下落しまして、かなりの含み損となりました。
損切は、もう少し株価が回復するのを待ってみます。

エコモットの空売りは株価上昇ぎみでしたので微損撤退しました。

Jトラストの空売りは株価がさらに上昇して含み損が大きくなりましたので、一部損切しました。
残りは、もう少し様子見してホールドしました。

買いポジションについては、決算が良さそうなエムケー精工を買いました。
エムケー精工の決算は、2019年3月期は良かったですが、今期予想が減益となるので微妙です。

株の資産評価

2019年4月25日(木)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月25日(木)引け時点の資産評価

2019年4月25日(木)引け時点の資産評価

2019年 4月25日:1,237,460円 前日比 -4.61%
2019年 4月24日:1,297,236円 前日比 -0.36%
2019年 4月23日:1,301,876円 前日比 -4.58%
2019年 4月22日:1,364,314円 前日比 -18.18%
2019年 4月19日:1,667,461円

昨日は前日比 -4.61% 約6万円の減少でした。

今日も含めて5連敗でした。
もう来年生活する事が困難です。

平成の株取引も今日で最後になりました。

これまで、株じろうのブログをご愛読ありがとうございました。さようなら!

前日→2019-04-25(木)売買ポジション 2019-04-24(水)資産残高

 

2019-04-25(木)エスティック9期連続の最高益で来期も増収増益と増配の予想

エスティックが2019年3月期の好調決算を発表

決算跨ぎで勝負する投資家

決算跨ぎで勝負する投資家

本日、銘柄コード6161 エスティックの決算発表がありまして、2019年3月期は売上高32.7%増、最終益32.3%増、9期連続で過去最高益を更新しました。

来期予想も増収、増益、8円増配予想(86円→94円)で、10期連続の増収・増益 予想です。

エスティックのIR情報

株じろうは、本日、エスティックの株を買いました。
明日もエスティックの株価を注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.48%と小幅上昇でした。
3月期の決算発表シーズンとなり、個別の株に上下がある感じでした。

株 売買ポジション

2019年4月25日(木)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月25日(木)引け時点の株売買ポジション

2019年4月25日(木)引け時点の株売買ポジション

■買い
6161 エスティック → 買い
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
6262 ペガサスミシン製造 (500株以上 株主優待3月) → 買い
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
8508 Jトラスト
4751 サイバーエージェント → 決済買戻し
3987 エコモット → 新規売り

売り多めのポジションです。

 

株の売買 内容

本日は、午前中サイバーエージェントの株価下落を狙っていましたが、寄りで大口が10万株以上の成り買いで株価を買い上げる感じでしたので、午後に決済して買戻しました。微損撤退です。

そのあと機関の売りが多いエコモットを空売りしました。

Jトラストの空売りは株価反発して含み損となりましたが、もう少し様子見してホールドしました。

買いポジションについては、決算が良さそうなエスティックと割安になっていたペガサスミシン製造を買いました。

株の資産評価

2019年4月24日(水)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月24日(水)引け時点の資産評価

2019年4月24日(水)引け時点の資産評価

2019年 4月24日:1,297,236円 前日比 -0.36%
2019年 4月23日:1,301,876円 前日比 -4.58%
2019年 4月22日:1,364,314円 前日比 -18.18%
2019年 4月19日:1,667,461円

昨日は前日比 -0.36% 約5千円の減少でした。

今週は今日も含めて4連敗で、後がない感じです。
明日で最後にするかもしれないです。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-24(水)売買ポジション 2019-04-23(火)資産残高

翌日→2019-04-26(金)売買ポジション 2019-04-25(木)資産残高

 

2019-04-24(水)サイバーエージェント中間決算は74%減益と特別損失

サイバーエージェントが2019年9月期の第2四半期決算を発表

決算発表前に予想して売買する投資家

決算発表前に予想して売買する投資家

本日、CyberAgentの中間決算発表がありまして、概要は連結最終利益が74%減の約10.8億円と大きく落ち込みました。
売上営業利益率は前年同期比の10.5%から7.3%に低下しています。

通期予想は2月発表の予想を据え置いていますが、最終利益の進捗率が低いので今後の第4四半期決算は下方修正となる可能性もあります。

あと、終了予定のサービス等の減損損失28億円と本社移転の費用等12.5億円の『特別損失計上のお知らせ』もありました。
決算発表資料は下記です。

サイバーエージェントのIRニュース

明日もサイバーエージェントの株価を注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は-0.27%と小幅下落でした。

株じろうは、キーホルダーを買い戻してJトラストを空売りしました。

株 売買ポジション

2019年4月24日(水)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月24日(水)引け時点の株売買ポジション

2019年4月24日(水)引け時点の株売買ポジション

■買い
6264 マルマエ (株主優待8月) → 損切
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
8508 Jトラスト → 新規売り
4712 KeyHolder → 決済買戻し
4751 サイバーエージェント → 新規売り

全力で空売りのポジションです。

 

株の売買 内容

本日は、午前中KeyHolderの株価下落を狙っていましたが、下落しないようでしたのでほぼ売値と同値で撤退して、下落ぎみでした親会社Jトラストの方を空売りしました。しかしながら午後からはKeyHolderの株価が下がって、Jトラストの株価が上昇していたので、失敗ぎみです。明日様子見してどうするか検討します。

本日15時に中間決算発表予定のサイバーエージェントについて、あまり良くないと予想して空売りしました。

あと、現物買いについてはマルマエの株価が軟調でしたので、損切しました。

株の資産評価

2019年4月23日(火)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月23日(火)引け時点の資産評価

2019年4月23日(火)引け時点の資産評価

2019年 4月23日:1,301,876円 前日比 -4.58%
2019年 4月22日:1,364,314円 前日比 -18.18%
2019年 4月19日:1,667,461円

昨日は前日比 -4.58% 約6万円の減少でした。

2月に一時300万円以上あった資産がいつのまにか130万円になってしまいました。

最後は決算勝負に賭けていきます。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-23(火)売買ポジション 2019-04-22(月)資産残高

翌日→2019-04-25(木)売買ポジション 2019-04-24(水)資産残高

 

2019-04-23(火)KeyHolderの株価が急落(トンピン氏は売却か)

トンピン氏のTwitterプロフィールの買いポジションからKeyHolderが消失

信用買いの損切を狙う投資家

信用買いの損切を狙う投資家

2019年4月23日、銘柄コード4712 キーホルダーの株主に戦慄の衝撃が起きました。
数々の銘柄の大量保有報告書に名を連ねてきた投資家、山田亨氏(Twitterアカウント:トンピン フィナンシャルグループCEO@Tonpin1234)のツイッター プロフィールの買いポジションからKeyHolderの銘柄コード4712が消えました。

KeyHolderキーホルダーの株価チャートはご欄の通りです。

KeyHolderの4月22日から4月23日の株価チャート

KeyHolderの4月22日から4月23日の株価チャート

昨日の午後、KeyHolderの株価は140円ぐらいから122円まで、出来高を伴って急落していました。
そのため、株じろうは大口の買い方が売り抜けた可能性があるとみて、今日はKeyHolderの株価も監視していました。

本日、午前11時過ぎに株価がまた急落していたのでトンピン氏のTwitterプロフィールを見た所、なんと買いポジションから4712の数字が消えていました。
これは4月5日午後の急騰と反対に午後から急落が発生するかもと思い、あわてて信用買いしていたマルマエを全部損切決済して、KeyHolderを全力で空売りしました。この時の株価は113円。

ちなみに4月5日の買いポジションに4712の数字が表示された時の株価チャートは下記をご参照下さい。↓

kabu.opendata-web.site

 株価は、112円、111円と少しずつ下がっていく。よしと思ったがなぜか信用残高にKeyHolderが見当たらない。
どうも1度に50単元を超えて空売りできない規制にひかかっていたようだ。

あわてて50単元以下で空売りしていくが、一部110円になってしまう。まあいいか。

午後から、KeyHolderの株価が下がるのを楽しみにしていたが株価はあまり下がらず、終値111円。
どうも少し遅かったかもしれないです。狙っていた方は118円近辺で売って110円近辺で買戻しできたようです。

空売りを明日まで持ち越すのは逆日歩日数が11日と長いので大変危険ですが、信用買い残高が大量にあるようなので、信用買いの損切で株価が下がるのを期待して、そのまま持ち越す事にしました。

あと、KeyHolderの親会社Jトラストの代表取締役 藤澤 信義氏が カンボジアで起訴されている事が昨日ウェッジホールディングス社のサイトに掲載されている事も気になりました。

キーホルダー親会社Jトラスト代表取締役の藤澤信義 氏をカンボジア検察庁が起訴

また日証金の融資と貸株残高は下記となっております。

KeyHolderの貸株残高

KeyHolderの貸株残高

明日もKeyHolderの株価を注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.19%と小幅上昇でした。

株じろうは、主力のマルマエを損切して、キーホルダーの空売りで勝負に出ました。

株 売買ポジション

2019年4月23日(火)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月23日(火)引け時点の株売買ポジション

2019年4月23日(火)引け時点の株売買ポジション

■買い
6264 マルマエ (株主優待8月) → 一部残して損切
7030 スプリックス → 損切
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
4712 KeyHolder

全力でキーホルダー空売りのポジションです。

 

株の売買 内容

本日は、マルマエを一部残して損切して、KeyHolderを空売りしました。

また、マルマエの決済損失が約40万円程あり、現金が20万円程足りないようでしたので、スプリックスの現物も損切しました。

明日はキーホルダーの株価次第です。

株の資産評価

2019年4月22日(月)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月22日(月)引け時点の資産評価

2019年4月22日(月)引け時点の資産評価

2019年 4月22日:1,364,314円 前日比 -18.18%
2019年 4月19日:1,667,461円

昨日は前日比 -18.18% 約30万円の減少でした。

1日で1ヵ月分の生活費約30万円を失い、今週でますます株式市場から退場になりそうです。

明日からは決算発表予定の銘柄を事前に売買して勝負していく予定です。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-22(月)売買ポジション 2019-04-19(金)資産残高

翌日→2019-04-24(水)売買ポジション 2019-04-23(火)資産残高

 

2019-04-22(月)クボテック売り禁でも株価が急騰(19日の空売り残65万株)

制度信用売り禁止中のクボテックの株価が急上昇

 空売りの踏み上げを狙う仕手

空売りの踏み上げを狙う仕手

銘柄コード7709のクボテックですが、制度信用の空売り残が多くなり4月3日より空売り禁止となりましたが株価は急騰して高値圏で推移していました。その後4月中旬以降は株価が軟調に推移して出来高も減っていました。しかしながら、本日4月22日は、買い方が買い上げたのか出来高を伴って急騰して、前日終値400円に対して、始値401円から高値470円まで上昇して、引け間際は急落して終値427円となりました。

クボテックの株価チャート(4月22日)

クボテックの株価チャート(4月22日)

JPX公表の個別銘柄信用取引残高では、4月3日から空売り残高は少しずつ減ってはいますが、まだ大量にあるので買い方が空売りの踏み上げを狙っている可能性もあります。

日々公表の個別銘柄信用取引残高

日々公表の個別銘柄信用取引残高

4月19日引け時点でまだ653,600株の空売り残高があります。

日証金の貸株残高は下記となっております。
※なお、日証金の貸株残高は、証券会社で信用買いと相殺できなかった分だけ申し込まれるので、市場の制度信用売り残高よりも少ない数字となります。

クボテックの貸株残高

クボテックの貸株残高

クボテックは制度信用の空売りで、4月19日の逆日歩(品貸料)が0.05円となりました。
4月19日に制度信用買いしていると100株につき5円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき5円払う必要あり。

明日も株価が乱高下しそうな気がします。

株じろうは、同じように売り禁中のマルマエを買っていましたが、マルマエの株価は下落してしまいました。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.08%と横ばいでした。

株じろうは、主力のマルマエの株価が下落して、資産が大幅に減りました。

株 売買ポジション

2019年4月22日(月)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月22日(月)引け時点の株売買ポジション

2019年4月22日(月)引け時点の株売買ポジション

■買い
6264 マルマエ (株主優待8月) → 一部損切
7030 スプリックス
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日は、主力で買っているマルマエの株価が下落して、保証金余力がなくなりましたので、マルマエを一部損切しました。
後は余力がなくそのまま持ち越しました。

明日もマルマエの株価次第です。

株の資産評価

2019年4月19日(金)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月19日(金)引け時点の資産評価

2019年4月19日(金)引け時点の資産評価

2019年 4月19日:1,667,461円 前日比 +6.31%
2019年 4月18日:1,568,520円 前日比 -22.26%
2019年 4月17日:2,017,754円 前日比 -1.48%
2019年 4月16日:2,048,031円 前日比 +8.40%
2019年 4月15日:1,889,251円 前日比 +11.34%
2019年 4月12日:1,696,895円

19日は前日比 +6.31% 約9万円の増加でした。

金曜日は少し含み損が減りましたが、本日は含み損が倍ぐらい増えましたので、確実に年初来安値を更新しました。

今週でいよいよ株式市場から退場になりそうです。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-19(金)売買ポジション 2019-04-18(木)資産残高

翌日→2019-04-23(火)売買ポジション 2019-04-22(月)資産残高

 

2019-04-19(金)マルマエをJPモルガンが大量保有報告(昨日の空売り残45万株)

JPモルガン・アセットがマルマエの保有割合5%超えを報告

4月19日、銘柄コード6264 マルマエについて、JPモルガン・アセット・マネジメントが財務省に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出したと発表がありました。報告書によれば、JPモルガン・アセットと共同保有者のマルマエ株式保有比率は7.34%(957,700株)でした。報告義務発生日は4月15日。

空売りの踏み上げを狙う機関

空売りの踏み上げを狙う機関

マルマエは、3月29日(金)引け後に2019年8月期の業績予想下方修正を発表していました。
4月1日(月)朝寄りはマイナスで始まりましたが、その後上昇に転じて4月5日まで6営業日連続で株価が上昇しました。

マルマエの株価チャート(日足)

マルマエの株価チャート(日足)

その5日間で空売り残高が大幅に増加したので、4月8日(月)からは日証金で制度信用の空売り禁止となり4月16日まで株価は軟調でした。

しかしながら、この間もJPモルガンは買い続けていたのか、4月15日に大量保有の報告義務が発生して(5%超)、本日19日に発表されました。
大量保有の目的は投資目的となっています。増資に応じたとかの報道は今の所出ていないようです。

4月8日以降の株価1000円前後でも大量に買い続けていたという事は、JPモルガンの目標株価はかなりもっと上の可能性が高いです。
長期保有目的か、短期で株価上昇後に売却予定なのか分かりませんが、現在の株価よりも株価が上昇すると見込んで大量に957,700株を保有しているようです。
マルマエの株価は、昨日は下落しましたが、本日はJPモルガンの大量保有報告の判明からか小幅上昇しました。

JPX公表の個別銘柄信用取引残高では、4月8日から空売り残高は少しずつ減ってはいますがまだ大量にあるので、買い方が空売りの踏み上げを狙っている可能性もあります。

日々公表の個別銘柄信用取引残高

日々公表の個別銘柄信用取引残高

昨日引け時点でまだ453,900株の空売り残高があります。

日証金の貸株残高は下記となっております。
※なお、日証金の貸株残高は、証券会社で信用買いと相殺できなかった分だけ申し込まれるので、市場の制度信用売り残高よりも少ない数字となります。

マルマエの貸株残高

マルマエの貸株残高

マルマエは制度信用の空売りで、4月18日の逆日歩(品貸料)が0.05円となりました。
4月18日に制度信用買いしていると100株につき5円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき5円払う必要あり。

株じろうは、マルマエを昨日の高値で買っているので含み損ですが、JPモルガン大量保有の報告を見て、まだ損切せずに持ち越す事にしました。

来週以降も株価がどうなるのか注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.50%と小幅上昇しました。

株じろうは、昨日の資産激減でショックを受けて何もできずでした。

株 売買ポジション

2019年4月19日(金)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月19日(金)引け時点の株売買ポジション

2019年4月19日(金)引け時点の株売買ポジション

■買い
6264 マルマエ (株主優待8月)
7030 スプリックス
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日は、昨日の資産激減ショックで何もできず、午前中もマルマエの株価が下がっていたので、借金に備えて株式口座を閉じて週末に夜逃げする事を考えていました。

しかしながら、午後にマルマエに関する1つのニュース・JPモルガンの大量保有報告を見て、マルマエの株価が少しだけ回復したので、もう少し待ち来週のマルマエに全てをかける事にして、損切をせずそのままホールドしました。

全ては来週月曜日、マルマエの株価次第です。

株の資産評価

2019年4月18日(木)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月18日(木)引け時点の資産評価

2019年4月18日(木)引け時点の資産評価

2019年 4月18日:1,568,520円 前日比 -22.26%
2019年 4月17日:2,017,754円 前日比 -1.48%
2019年 4月16日:2,048,031円 前日比 +8.40%
2019年 4月15日:1,889,251円 前日比 +11.34%
2019年 4月12日:1,696,895円

昨日は前日比 -22.26% 約45万円の減少でした。

信用取引の失敗で1日で生活費45万円を失い、資産評価は年初来安値となる156万円台となり、ほぼ死んでいました。
いよいよ株式市場からの退場も間近になっているようです。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-18(木)売買ポジション 2019-04-17(水)資産残高

翌日→2019-04-22(月)売買ポジション 2019-04-19(金)資産残高

 

2019-04-18(木)売り禁でもマルマエの空売り残高は昨日46万株超

銘柄コード6264 マルマエは売り禁でも空売り残があり要注意

空売りの踏み上げを狙う仕手

空売りの踏み上げを狙う仕手

昨日は株価が急騰したマルマエですが、本日は利確の売りにおされたのか株価は軟調でした。

また、信用買いが増えた事から逆日歩も減りましたが、JPX公表の個別銘柄信用取引残高では、4月8日から空売り残高は少しずつ減ってはいますがまだ大量にあるので、買い方が空売りの踏み上げを狙ってくる可能性もあるので、要注意です。

JPX 日々公表の個別銘柄信用取引残高

日々公表の個別銘柄信用取引残高

昨日引け時点でまだ46万株超の空売り残高があるようで、買い方は空売りの踏み上げを狙っている可能性があります。

日証金の貸株残高は下記となっております。
※なお、日証金の貸株残高は、証券会社で信用買いと相殺できなかった分だけ申し込まれるので、市場の制度信用売り残高よりも少ない数字となります。

マルマエの貸株残高

マルマエの貸株残高

マルマエは制度信用の空売りで、4月17日の逆日歩(品貸料)が0.05円となりました。
4月17日に制度信用買いしていると100株につき5円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき5円払う必要あり。

株じろうは、本日マルマエを買い増ししましたが、今日は株価が下落しましたのでかなりの含み損になってしまいました。

明日以降も株価がどうなるのか注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は-0.84%と下落しました。

株じろうは、全力で買ったマルマエの株価が下落したので、資産がかなり減少したようです。

株 売買ポジション

2019年4月17日(木)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月17日(木)引け時点の株売買ポジション

2019年4月17日(木)引け時点の株売買ポジション

■買い
6264 マルマエ → 買い増し
7030 スプリックス → 現物の一部を除いて薄利決済
8909 シノケングループ → 買い
6619 ダブルスコープ → 売却
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日は、スプリックスを現物の一部を除いて薄利決済して、昨日株価が高騰したマルマエを全力で買いました。
しかしながら株じろうが買った後、マルマエの株価は急落していったので、大失敗をおかしたようです。

明日以降は、空売り残と株価を注視しながら、株価が下がるようでしたら損切予定です。

またダブルスコープの株価が軟調でしたので損切売却して、安くなっていたシノケンを少し買いました。

あとは余力がなくそのままでした。

業績が悪くても株価が急騰している仕手株は、急落もしやすいのでとても危険です。
明日はもう資産がなくなるかもしれないです。

株の資産評価

2019年4月17日(水)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月17日(水)引け時点の資産評価

2019年4月17日(水)引け時点の資産評価

2019年 4月17日:2,017,754円 前日比 -1.48%
2019年 4月16日:2,048,031円 前日比 +8.40%
2019年 4月15日:1,889,251円 前日比 +11.34%
2019年 4月12日:1,696,895円

昨日は前日比 -1.48% 約3万円の減少でした。

昨日はぎりぎり200万円台にとどまっていたようですが、本日は急落してまた100万円台に落ちました。
早く2018年10月の資産230万円まで回復したいです。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-17(水)売買ポジション 2019-04-16(火)資産残高

翌日→2019-04-19(金)売買ポジション 2019-04-18(木)資産残高

 

2019-04-17(水)売り禁でもマルマエの株価が急騰し一時ストップ高

銘柄コード6264 マルマエの株価が売り禁の中でも急上昇

マルマエは制度信用の空売り残が多く、4月8日から空売り禁止となり株価は軟調でしたが、本日は朝寄りから急騰し一時ストップ高の株価をつけるもその後は下落しました。しかしながら、午後から株価は上昇して、終値は前日比+13.39%と大幅に上昇しました。

マルマエは制度信用の空売りで、4月16日の逆日歩(品貸料)が3日分で2.7円となりました。
4月16日に制度信用買いしていると100株につき270円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき270円払う必要あり。

まだ30万株超の空売り残高があるようで、買い方は空売りの踏み上げを狙っている可能性があります。

空売りの踏み上げを狙う投資家

空売りの踏み上げを狙う投資家

日証金の貸株残高は下記となっております。

マルマエの貸株残高

マルマエの貸株残高

株じろうは、昨日マルマエを決済して売却してしまっていました。朝寄りの急騰を見てストップ高に行くかもと思って、急遽スプリックスを売ってマルマエをジャンピングキャッチで買いましたが、高値掴みで失敗に終わった可能性が高いです。

昨日売らず、今日の高値で売っていたら儲かった感じです。

明日以降も株価がどうなるのか注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.25%と小幅上昇しました。

株じろうは、主力のスプリックスが午前中は上昇していましたが、午後から下落傾向でマイ転したので、少し資産が減少したようです。

株 売買ポジション

2019年4月17日(水)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月17日(水)引け時点の株売買ポジション

2019年4月17日(水)引け時点の株売買ポジション

■買い
7030 スプリックス → 現物一部売却
6264 マルマエ → 買い
6619 ダブルスコープ → 買い
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日は、午前中スプリックスを一部売却して、マルマエを少し買いました。

午後からは、スプリックスの株価が下落して追証となる事態でしたので一部売却して、株価上昇ぎみのダブルスコープを少し買いました。

あとは余力がなくそのままでした。

現在の保証金余力・維持率

現在の保証金余力・維持率

保証金余力・維持率はいつも通り30%台です。

株の資産評価

2019年4月16日(火)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月16日(火)引け時点の資産評価

2019年4月16日(火)引け時点の資産評価

2019年 4月16日:2,048,031円 前日比 +8.40%
2019年 4月15日:1,889,251円 前日比 +11.34%
2019年 4月12日:1,696,895円

昨日は前日比 +8.40% 約15万円の増加でした。

やっと200万円に回復したと思ったら、また今日100万円台に落ちた可能性が高いです。
早く2018年10月の資産230万円まで回復したいです。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-16(火)売買ポジション 2019-04-15(月)資産残高

翌日→2019-04-18(木)売買ポジション 2019-04-17(水)資産残高

 

2019-04-16(火)スプリックスの逆日歩が満額 空売りの踏み上げで株価急騰か

銘柄コード7030 スプリックスの株価が2日連続で急上昇

スプリックスは制度信用の空売りで、4月15日の逆日歩(品貸料)が10円と満額になりました。
4月15日に制度信用買いしていると100株につき1000円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき1000円払う必要あり。

4月15日も制度信用の空売りが増加したためか、空売りの比率が高く(貸借倍率が低く)、空売りの買戻しを狙った買い方が多いのか、本日も株価は+5.39%と上昇しました。

  空売りの踏み上げを狙う投資家

空売りの踏み上げを狙う投資家

日証金の貸株残高は下記となっております。

スプリックスの貸株残高

スプリックスの貸株残高

空売り残が減るまで買い方が株を買い上げる可能性があるので、株じろうは買い増ししました。
明日以降も株価がどうなるのか注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.24%と小幅上昇しました。

株じろうは、含み損の銘柄を損切して、スプリックスを買いました。

株 売買ポジション

2019年4月16日(火)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月16日(火)引け時点の株売買ポジション

2019年4月16日(火)引け時点の株売買ポジション

■買い
7030 スプリックス → 買い増し
6619 ダブルスコープ → 損切決済
6264 マルマエ → 損切決済
3993 オロ → 損切決済
3258 ユニゾホールディングス (100株 株主優待3月 長期優遇有) → 一旦売却
8591 オリックス (100株 株主優待3月 長期優遇有) → 一旦売却
6630 ヤーマン (100株 株主優待4月) → 売却
4188 三菱ケミカルホールディングス → 一旦売却
2768 双日 → 一旦売却
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月) → 一旦売却
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日はオロ、ダブルスコープ、マルマエの株価が軟調でしたので、損切しました。

あとは、現物もエムケー精工以外を売却して、スプリックスを買いました。
(オリックスは100株売ってもスプリックスを買えるお金にならなかったので、売る必要はなかったみたい。)

あとは余力がなくそのままでした。

現在の保証金余力・維持率

現在の保証金余力・維持率

保証金余力・維持率はいつも通り30%台です。

株の資産評価

2019年4月15日(月)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月15日(月)引け時点の資産評価

2019年4月15日(月)引け時点の資産評価

2019年 4月15日:1,889,251円 前日比 +11.34%
2019年 4月12日:1,696,895円

昨日は前日比 +11.34% 約19万円の増加でした。

早く資産200万まで回復したいです。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-15(月)売買ポジション 2019-04-12(金)資産残高

翌日→2019-04-17(水)売買ポジション 2019-04-16(火)資産残高

 

2019-04-15(月)スプリックス空売り残多く逆日歩が高額で株価急騰

銘柄コード7030 スプリックスの株価が急上昇

スプリックスは制度信用の空売りで、4月12日の逆日歩(品貸料)が9円と高額になりました。
4月12日に制度信用買いしていると100株につき900円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき900円払う必要あり。

4月12日に制度信用の空売りが増加したためか、空売りの比率が高く(貸借倍率が低く)、空売りの買戻しを狙った買い方が多いのか、本日 株価は+10.67%と急上昇しました。

逆日歩と空売りの踏み上げを狙う仕手

逆日歩と空売りの踏み上げを狙う仕手

日証金の貸株残高は下記となっております。

スプリックスの貸株残高

スプリックスの貸株残高

空売りが減るまで買い方が株を買いあげる可能性があるので、株じろうは本日買いました。
明日以降も株価がどうなるのか注視します。

 

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+1.37%と上昇しました。

株じろうは、保有株の株価が上昇しましたので、含み損が減りました。

株 売買ポジション

2019年4月15日(月)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月15日(月)引け時点の株売買ポジション

2019年4月15日(月)引け時点の株売買ポジション

■買い
7030 スプリックス → 買い
6619 ダブルスコープ
6264 マルマエ
3993 オロ → 一部薄利決済
3258 ユニゾホールディングス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
8591 オリックス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
6630 ヤーマン (100株 株主優待4月)
4188 三菱ケミカルホールディングス
2768 双日
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日はオロを寄りで100株買い増ししましたが、その後は株価が軟調でしたので、100株を残してあとは薄利決済しました。

スプリックスの株価が堅調でしたので、本日はスプリックスを買いました。

あとは余力がなくそのままでした。

現在の保証金余力・維持率

現在の保証金余力・維持率

保証金余力はいつも通り30%台です。


株の資産評価

2019年4月12日(金)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月12日(金)引け時点の資産評価

2019年4月12日(金)引け時点の資産評価

2019年 4月12日:1,696,895円 前日比 -2.28%
2019年 4月11日:1,736,529円 前日比 -5.37%
2019年 4月10日:1,835,050円 前日比 -5.05%
2019年 4月 9日:1,932,725円 前日比 -17.32%
2019年 4月 8日:2,337,516円 前日比 +8.98%
2019年 4月 5日:2,144,977円

金曜日は前日比 -2.28% 約4万円の減少でした。

今週はなんとか資産を200万に回復したいです。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-12(金)売買ポジション 2019-04-11(木)資産残高

翌日→2019-04-16(火)売買ポジション 2019-04-15(月)資産残高

 

2019-04-12(金)【オロ】株式分割を発表し月曜は空売りの踏み上げか

銘柄コード6264 オロ 株式分割の実施を発表

本日引け後に、オロは5月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表がありました。
投資単位当たりの金額を引き下げることで、投資しやすい環境を整えるとともに、株式数の増加により株式の流動性を高め、投資家層の拡大を図ることを目的としているようです。

4月12日の終値は6940円ですが、株式分割により今後は半分の価格で買えるようになるので、この材料を好感して月曜日に株価がどう反応するのか見どころです。

  空売りの踏み上げを狙う投資家

空売りの踏み上げを狙う投資家

株式分割以外に空売り残が多い事と日経平均先物が上昇しているようですので、これらが重なって月曜日は想定以上に株価が急騰する可能性もあります。
・日経平均先物が上昇
・空売り残が多い
・株式分割

日証金の貸株残高と逆日歩の推移は下記となっております。

オロの貸株残高

オロの貸株残高

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.73%と上昇しました。

本日株じろうは、保有株の下落がありましたので、若干資産が減少した気がします。

株 売買ポジション

2019年4月12日(金)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月12日(金)引け時点の株売買ポジション

2019年4月12日(金)引け時点の株売買ポジション

■買い
3993 オロ
6619 ダブルスコープ → 一部損切
6264 マルマエ
3258 ユニゾホールディングス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
8591 オリックス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
6630 ヤーマン (100株 株主優待4月)
4188 三菱ケミカルホールディングス
2768 双日
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日はWSCOPE、マルマエの株価が下落して保証金余力がマイナスとなりそうでしたので、信用維持率が30%以上回復するまで、ダブルスコープの一部を損切しました。

あとは余力がなくそのままでした。

現在の保証金余力・維持率

現在の保証金余力・維持率

保証金余力はいつも通り30%台です。

来週も転がり落ちる可能性が高いです。

株の資産評価

2019年4月11日(木)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月11日(木)引け時点の資産評価

2019年4月11日(木)引け時点の資産評価

2019年 4月11日:1,736,529円 前日比 -5.37%
2019年 4月10日:1,835,050円 前日比 -5.05%
2019年 4月 9日:1,932,725円 前日比 -17.32%
2019年 4月 8日:2,337,516円 前日比 +8.98%
2019年 4月 5日:2,144,977円

昨日は前日比 -5.37% 約10万円の減少でした。

3日で60万円も資産がなくなって、もう樹海行きになりそうです。

あとは月曜日にオロの株価が上がってくれる事だけに全てをかけます。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-11(木)売買ポジション 2019-04-10(水)資産残高

翌日→2019-04-15(月)売買ポジション 2019-04-12(金)資産残高

 

2019-04-11(木)マルマエ売り禁の後も逆日歩の満額が5日連続

銘柄コード6264 マルマエの逆日歩が5日連続で継続中

マルマエは制度信用の空売り残が多く、4月8日から空売り禁止となりましたが、まだ空売り残があまり減っていないためか、4月4日から4月10日まで、5営業日連続で逆日歩(品貸料)の満額が継続しています。

逆日歩で逆転を狙う投資家

逆日歩で逆転を狙う投資家

4月10日に制度信用買いしていると100株につき400円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき400円払う必要があります。

日証金の貸株残高と逆日歩の推移は下記となっております。

マルマエの貸株残高

マルマエの貸株残高

株価は売り禁の後、買いと売りが拮抗していますが、今後どちらに動くにしても大きな変動となりそうです。

「売り禁に買いなし」と言われますが、今年は連休前の逆日歩11日分などがあり、まだ買い上げられる可能性があるので、明日以降も株価がどうなるのか注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.11%と小幅上昇でした。

本日株じろうは、主力のオロの株価が下落しまして、また資産が減少しました。

株 売買ポジション

2019年4月11日(木)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月11日(木)引け時点の株売買ポジション

2019年4月11日(木)引け時点の株売買ポジション

■買い
3993 オロ
6619 ダブルスコープ
6264 マルマエ
3258 ユニゾホールディングス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
8591 オリックス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
6630 ヤーマン (100株 株主優待4月)
4188 三菱ケミカルホールディングス
2768 双日
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日はオロの株価が下落しましたが信用維持率がぎりぎり30%あったのでそのままホールドしました。
明日も下がるようでしたら損切の必要があります。

今日は余力がなく、損切もまだしなかったので、売買取引はなしでした。
仕手株3銘柄を早く手放したいです。

現在の保証金余力・維持率

現在の保証金余力・維持率

保証金余力はいつも通りぎりぎりです。

明日はSQで株価の変動も大きくなる可能性があります。
まだ転がり落ちる可能性が高いです。

株の資産評価

2019年4月10日(水)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月10日(水)引け時点の資産評価

2019年4月10日(水)引け時点の資産評価

2019年 4月10日:1,835,050円 前日比 -5.05%
2019年 4月 9日:1,932,725円 前日比 -17.32%
2019年 4月 8日:2,337,516円 前日比 +8.98%
2019年 4月 5日:2,144,977円

昨日は前日比 -5.05% 約10万円の減少でした。

2日で50万円も資産がなくなって死にそうです。

逆日歩狙いは、割高で売られている銘柄なので、株価の下落リスクが高くやめた方がよさそうです。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-10(水)売買ポジション 2019-04-09(火)資産残高

翌日→2019-04-12(金)売買ポジション 2019-04-11(木)資産残高

 

2019-04-10(水)【オロ】空売り残が多く逆日歩が満額で今後の株価は

銘柄コード6264 オロの株価が上昇中

オロは制度信用の空売りで、4月9日の逆日歩(品貸料)が満額で火曜日のため3日分84円になりました。
4月9日に制度信用買いしていると100株につき8400円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき8400円払う必要があります。

逆日歩と空売りの踏み上げを狙う投資家

逆日歩と空売りの踏み上げを狙う投資家

日証金の貸株残高は下記となっております。

オロの貸株残高

オロの貸株残高

株価は上昇して割高感がありますが、空売りが減るまで仕手が買い上げる可能性があるので、株じろうは本日買いました。
明日以降も株価がどうなるのか注視します。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は-0.53%と小幅下落でした。

本日株じろうは、主力のWASHハウスが下落基調でしたので損切して、オロを買い主力にしました。

株 売買ポジション

2019年4月10日(水)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月10日(水)引け時点の株売買ポジション

2019年4月10日(水)引け時点の株売買ポジション

■買い
3993 オロ → 買い
6537 WASHハウス → 損切売却
6619 ダブルスコープ → 一部損切
6264 マルマエ → 買い増し
3258 ユニゾホールディングス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
8591 オリックス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
6630 ヤーマン (100株 株主優待4月)
4188 三菱ケミカルホールディングス
2768 双日
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月)
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日もWASHハウス、WSCOPE、マルマエの株価が下落して保証金余力がマイナスとなったので、信用維持率が30%以上回復するまで、WASHハウスとダブルスコープの一部を損切しました。

あと、逆日歩が満額になったオロを買って、マルマエを少し買い増ししました。

仕手株なので、できれば早く手放したいところです。

現在の保証金余力・維持率

現在の保証金余力・維持率

保証金余力はいつも通りぎりぎりです。

明日も転がり落ちる可能性が高いです。

株の資産評価

2019年4月9日(火)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月9日(火)引け時点の資産評価

2019年4月9日(火)引け時点の資産評価

2019年 4月 9日:1,932,725円 前日比 -17.32%
2019年 4月 8日:2,337,516円 前日比 +8.98%
2019年 4月 5日:2,144,977円

昨日は前日比 -17.32% 約40万円の減少でした。
信用3倍蹴りを食らって1日でー17%。

今日も資産が減ったようです。もう200万トレーダーには戻れないかもしれない。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-09(火)売買ポジション 2019-04-08(月)資産残高

翌日→2019-04-11(木)売買ポジション 2019-04-10(水)資産残高

 

2019-04-09(火)信用取引でレバレッジをかけて失敗すると損失膨大

株の信用取引でレバレッジをかける時の注意事項

株の信用取引では、現物や現金を保証金として、さらに保有資産の2倍以上の株を買う事ができます。
これにより、現物+信用買い×2とった通常の3倍以上の株数を買えます。

そのため株価が上昇すれば3倍の利益を得る事ができます。
一気に資産を増やすことも可能であるため、みんなやりたくなりますよね。

しかしながら株価が下落すれば、損失も3倍となる事に注意してください。
一気に資産がなくなる事があります。空売りで失敗した時には借金になる事さえあります。

本日、株じろうが身をもって体験しましたので、皆様にお伝えします。
信用でレバレッジ全開で株を買っていた株じろうは、昨日あった爆益が全てなくなり、さらにマイナスとなり爆損の含み損を抱える事になりました。
今日は今年最大の損失となった模様です。

信用取引で失敗した投資家

信用取引で失敗した投資家

ブログがしばらく更新されなくなったら、おそらく株取引で資産がなくなったと思って下さい。探さないで下さい。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は+0.19%と小幅上昇でした。

本日株じろうは、昨日の信用3倍拳が空振りして含み益がなくなり、さらに信用3倍蹴りを食らって含み損が莫大となりました。

株 売買ポジション

2019年4月9日(火)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月9日(火)引け時点の株売買ポジション

2019年4月9日(火)引け時点の株売買ポジション

■買い
6537 WASHハウス → 一部売却
6619 ダブルスコープ
6264 マルマエ → 一部売却
3258 ユニゾホールディングス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
8591 オリックス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
6630 ヤーマン (100株 株主優待4月)
4188 三菱ケミカルホールディングス
2768 双日
8909 シノケングループ (500株以上 株主優待12月) → 100株買い
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日、昨日は調子の良かったWASHハウス、WSCOPE、マルマエの株価が大幅下落して含み益がなくなり、さらに大きな含み損となり保証金余力がマイナスとなったので、信用維持率が30%になるまで、一部損切しました。

あと、シノケンが安くなった所で、100株だけ買いました。

含み損が大きくなったので、業績の悪い仕手株は早く手放したいところです。

現在の保証金余力・維持率

現在の保証金余力・維持率

保証金余力がなく株価の変動が激しい仕手株を大量に持っているので、事故に会いました。

いつもここぞとばかりに勝負に出たところで、大負けを食らっている気がします。
明日も転がり落ちる可能性が高いです。

株の資産評価

2019年4月8日(月)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月8日(月)引け時点の資産評価

2019年4月8日(月)引け時点の資産評価

2019年4月8日(月)引け時点の資産評価

2019年 4月 8日:2,337,516円 前日比 +8.98%
2019年 4月 5日:2,144,977円

昨日は前日比 +8.98% 約19万円の増加でした。

昨日はやっとスタート地点に戻れると思ったら、本日はおそらく200万トレーダーから陥落したと思います。

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-08(月)売買ポジション 2019-04-05(金)資産残高

翌日→2019-04-10(水)売買ポジション 2019-04-09(火)資産残高

 

2019-04-08(月)マルマエの逆日歩が満額で株価急騰し売り豚がピンチ

銘柄コード6264 マルマエの株価が急上昇

マルマエは制度信用の空売りで、4月4日から4月5日の逆日歩が2日連続で満額になりました。
4月5日に制度信用買いしていると100株につき200円もらえます。
逆に制度信用売りしていると100株につき200円払う必要あり。

4月5日に制度信用の空売りが大量に入ったためか、本日4月8日から制度信用の空売り禁止となりましたが、まだ空売りの比率が高く(貸借倍率が低く)、空売りの買戻しを狙った買い方が多いのか、株価は+5.01%と上昇しました。

逆日歩と空売りの踏み上げを狙う仕手

逆日歩と空売りの踏み上げを狙う仕手

日証金の貸株残高は下記となっております。

マルマエの貸株残高

マルマエの貸株残高

本日売り禁にはなりましたが空売りが減るまで仕手が株価を上昇させる可能性があるので、株じろうはそのままホールドしました。
明日以降も株価がどうなるのか注視します。

先週の逆日歩について

先週木曜日に逆日歩が高額になっていた3銘柄を購入して得られた逆日歩を計算してみました。

制度信用買いによる逆日歩獲得金額

制度信用買いによる逆日歩獲得金額

2日で7871円でした。金曜日は、WASHハウスとWSCOPEの逆日歩は高額にならなかったので、思ったより少なかったです。
ただし、マルマエはまだ満額のままでした。

本日の相場

本日、株式市場の日経平均は-0.21%と小幅下落しました。

本日株じろうは、犬の警察官さんより伝授させてもらった信用3倍拳と株じろうオリジナルの信用需給法が炸裂して、保有銘柄は含み益となりました。

株 売買ポジション

2019年4月8日(月)引け時点の株売買ポジションと損益率は下記画像の通りとなりました。

2019年4月8日(月)引け時点の株売買ポジション

2019年4月8日(月)引け時点の株売買ポジション

■買い
6537 WASHハウス
6619 ダブルスコープ
6264 マルマエ → 100株買い増し
3258 ユニゾホールディングス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
8591 オリックス (100株 株主優待3月 長期優遇有)
6630 ヤーマン (100株 株主優待4月)
4188 三菱ケミカルホールディングス
2768 双日
5906 エムケー精工 (株主優待3月20日)

■売り
なし

売りポジションはなし、全力買いのままです。

 

株の売買 内容

本日は金曜日に仕込んだWASHハウス、WSCOPE、マルマエの株価が上昇傾向でしたので、そのままホールドしました。

また買付余力が10万円程できたので、マルマエを100株買い増し、いつも通りフルインベストにしました。

上記3銘柄の買い理由は、業績やファンダは全く見ずに、ただ制度信用売りが多いという信用需給のみです。
そのため、空売りが減るようでしたら、すぐに手放します。

現在の保証金余力・維持率

現在の保証金余力・維持率

また、保証金余力がなく株価の変動が激しい仕手株を大量に持っているので、危険な状態です。明日も要注意です。

株の資産評価

2019年4月5日(金)引け後の資産残高は、下記画像の通りです。

2019年4月5日(金)引け時点の資産評価

2019年4月5日(金)引け時点の資産評価

2019年 4月 5日:2,144,977円 前日比 +0.29%
2019年 4月 4日:2,138,834円 前日比 -0.67%
2019年 4月 3日:2,153,227円 前日比 -2.82%
2019年 4月 2日:2,215,784円 前日比 +9.17%
2019年 4月 1日:2,029,703円 前日比 -1.91%
2019年 3月29日:2,069,254円

金曜日は前日比+0.29% 約6千円の増加でした。

明日もブログ読者の皆様に祝福がありますように~*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

以上、いつも株じろうのブログをお読み頂きありがとうございます。

前日→2019-04-05(金)売買ポジション 2019-04-04(木)資産残高

翌日→2019-04-09(火)売買ポジション 2019-04-08(月)資産残高